愛車をもっと楽しもう

プロテクションフィルムについての情報がいっぱい!

このサイトではプロテクションフィルムに関する、より詳しい情報を掲載しています。
実際にどのような流れで貼っていくのか、その前に準備しておくことはあるのかといった施工的なことが中心です。
またヘッドライトにピンポイントで貼る際の費用や、デザインにも影響する色に関することも述べていきます。
もし車を保護するために使用するという基本的な内容から、さらに一歩踏み込んで知りたいという人は参考にしてみると良いでしょう。

車にプロテクションフィルムを貼る作業の流れ

車にプロテクションフィルムを貼る作業の流れ プロテクションフィルムを貼り付ける場合は、まず車の形にぴったりと合わせる必要があります。
貼る前は剥離紙が付いていて張り付かないようになっているため、その段階でまず大まかにカットしてしまいます。
そして少し余裕を持って貼り付けた後、縁に合わせて調整します。
もしすでに車体に合わせてカットが済まされているプロテクションフィルムであれば、このカット作業は省いて貼る工程だけで済みます。
プロテクションフィルムは端から少しずつ貼り付けていきますが、その際に起こりがちなのが空気が入り込んでしまうことです。
それを防ぐために貼り付ける面から空気を押し出すように進めていきます。
カーブなど複雑なところではシワが出やすいので、ヒートガンやドライヤーなどで伸ばすこともあります。

ペイントプロテクションフィルムを使い車を傷から守り何かあったら相談する

ペイントプロテクションフィルムを使い車を傷から守り何かあったら相談する 車を傷から守るためには色々と対策を考える必要がありますし、よく分からないことがあればその道の専門家に相談に乗ってもらうのも一つの方法です。
最近ではペイントプロテクションフィルムを使う人が増えていますが、これはボディを保護することを目的とした透明の保護フィルムで見た目を変えずに強固にボディを守ってもらえます。
車は見た目も重要で傷ができてしまったらみっともないと感じる人も中にはいますが、そういったことを防ぐ効果があるので注目している人も多いです。
ペイントプロテクションフィルムは衝撃吸収性が高く自己修復機能にも優れていますし、カスタマイズを楽しむことができる点も大きな魅力です。
普通に乗っていてもダメージを受けることがありますし洗っている時に少し傷めてしまうこともありますが、ペイントプロテクションフィルムを上手く利用すれば最悪な事態を防ぐことができます。
フィルムを剥がせば施工前の美しい状態に戻すことができますし、飛び石やスクラッチ傷なども上手く吸収して塗装をしっかり保護します。
このようにペイントプロテクションフィルムを使うことにより車を保護することができるので、今とても人気があり多くの人が利用しています。

プロテクションフィルムについてもっと調べる

プロテクションフィルム