愛車をもっと楽しもう

プロテクションフィルムのカラー

プロテクションフィルムのカラー

プロテクションフィルムのカラー プロテクションフィルムのカラーは基本的に、車体の発色を邪魔しないように無色透明で作られていることが多いです。そしてよく使用されているポリウレタンは紫外線を吸収して黄ばみがちなので、それを防止するための工夫が施されたものもあります。
また別のカラーが付いたものも市販されていて、保護機能にプラスアルファとしてデザインの変更も可能です。プロテクションフィルムはカットして車体の一部分にのみ貼るという使い方もできるため、本来の色に足したり複数を使い分けるなどして個性を演出するのも良いでしょう。
さらに表面の質感に関しても、従来の光沢タイプではなくマットに仕上げられたプロテクションフィルムがあります。光をきれいに反射させる美しさとは別の、渋い見た目にしたい場合に向いています。最終的には取り扱いの有無によって施工側が提示する選択肢次第ですが、どうせ膜を貼るのであれば見た目に遊び心を加えるのもひとつの手です。

フィルムでボンネットやエッジを守る

フィルムでボンネットやエッジを守る クルマのボディを綺麗に磨き、定期的なコーティングを行えば、いつもピカピカな状態をキープすることができます。
見た目が綺麗だとドライブするモチベーションも上がって良いものです。しかし、気が付かないうちにボンネットやドア、エッジ部分などに傷がついてしまうことがあります。その原因は前方を走っているクルマから飛び石が飛んできたり、自車のフロントタイヤから飛び石が飛んできて傷をつけたりして傷がついてしまうことが多いようです。
エッジの部分もつい擦ったり、ぶつけたりしてしまいやすい箇所です。いつもクルマに愛情をこめて綺麗にしている人にとっては、本当に耐えがたいことでしょう。このような傷を少しでも軽減させるためには、プロテクションフィルムでガードするのが効果的です。プロテクションフィルムを貼り付ければ、小石が飛んで来てもボディに直接あたるのを防ぐことができます。フィルムに傷がついても自己修復が可能で、剥がせば新品の状態に戻すことができます。綺麗なボディは売却時にも高査定の対象となるでしょう。