愛車をもっと楽しもう

プロテクションフィルムについての情報がいっぱい!

プロテクションフィルムの施工前の準備

プロテクションフィルムの施工前の準備 プロテクションフィルムを施工する前には、ボディの汚れを綺麗に除去する必要があります。
そうしないと汚れをそのまま閉じ込めてしまうことになると、貼りが悪くなってしまう可能性があるからです。
一口に汚れと言っても、砂埃や黄砂、花粉のようなものから、鳥の糞やタールやピッチのようなもの、またワックスやコーティング剤などの残留物などもあるかもしれません。
そのような汚れを綺麗に除去した上で、プロテクションフィルムを施工すると、しっかりと貼ることができるでしょう。
DIYで野外で行うような場合は、風の強い日に行うのはNGです。
広いガレージの中で行うのがベストですが、ガレージが無ければ無風のときに、炎天下を避けて行うと作業もしやすいです。
また工具としては、大小のスキージーと呼ばれる工具と、水を吹き付けるためのスプレーボトルがあればOKです。
高額な工具などは必要ありません。
ただ自分で行うのはかなりテクニックが必要なので、無理な場合は専門業者に依頼することをおすすめします。

高品質なプロテクションフィルムを採用しているお店

高品質なプロテクションフィルムを採用しているお店 クルマのフロント部分やドアのエッジや取手、ヘッドライトなど傷がつきやすい部分を、プロテクションフィルムで覆うと傷から守ることができます。
このプロテクションフィルムというのは、透明度が高くしっかりとした厚みのある特殊な素材が採用されています。
そのためじっと見てもフィルムが貼られているとは気が付くことができません。
しかも、フィルムの美しい輝きが加わるので、何も施工されていない普通のクルマよりも綺麗です。
艶なしのプロテクションフィルムを選べば、マットな感じを演出することも可能です。
また厚みは飛び石などからボディを守るために重要です。
柔軟性もあるので衝撃をうまく吸収することができます。
ただ、プロテクションフィルムにも品質の違いがあるので、高品質なフィルムが採用されているお店で施工してもらうことをおすすめします。
品質のあまり良くないものの場合、紫外線により変色を起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。