愛車をもっと楽しもう

UVカットが付いたフィルム

UVカットが付いたフィルム

UVカットが付いたフィルム 直射日光が当たる場所に駐車しているのでボンネットが日焼けして色褪せる、いつの間にか塗装が剥がれ接触による傷がついていた、走行中の飛び石傷やムクドリの大群が来た際の糞の被害が気になるなど、大切な愛車につきまとう不安や悩みやトラブルは数え切れないほどあります。外的なダメージを防いで愛車を徹底的に守りたいなら、プロテクションフィルムを使ってみてはいかがでしょうか。
プロテクションフィルムは透明の薄いフィルムで、ボディに貼ることで愛車を保護することが出来ます。全体的に貼っても良いですし、ドアなど傷がつきやすい部分にピンポイント的に貼ることも可能です。日焼けによる色褪せが気になる場合は、UVカット機能が付いたタイプのものを選ぶのがおすすめです。透明なのでボディの色が変わる心配もありませんし、剥がしたときに糊のベタベタ感が残ることもありません。事故に遭ってしまった際に保険が適用されるというのも安心ポイントです。

高断熱プロテクションフィルム

高断熱プロテクションフィルム プロテクションフィルムは自動車のボディを保護することを目的としたフィルムのことで、窓ガラスに貼り付けるものではなくボディに貼り付け、走行中に起こる飛び石や硬い物に接した時にボディ本体を保護することができます。もちろんフィルムそのものは傷ついてしまうものですが、ボディよりも柔軟性や傷を吸収する能力によって綺麗に保つことができますし、何よりも元のボディを守ることができるので自動車の価値を維持するという点においてもメリットがあるものです。
一方でプロテクションフィルムにも様々な種類があり、機能性のあるものとしては高断熱タイプがあります。文字通り断熱効果の高いフィルムで、赤外線をカットしボディが熱くなることを防ぐことができるものです。高断熱のプロテクションフィルムを取り付けることにより、車外の温度の影響を抑えることができ、またボディから車内の温度が外へ逃げてしまうのを防ぐことができるので、エアコンを使用するときにも熱効率を高めるメリットがあります。